ミーハーと英語(English)

ミーハーな英語学習者が、自分の「好き」を発信しているブログです。

大学名だけでモテる青学女子ってかわいいだけ?

モテる・可愛いイメージが強い女子大生と言えばやっぱり「青学女子」

 

世の中には、大学名を言うだけで他大学の男の子にモテてしまう大学というものが存在する。

 

受験界における学力の偏差値とは無関係に、

恋愛界におけるモテ力の偏差値の高さを誇る大学。そんな大学の一つが、

 

青山学院大学

 f:id:Misa_0x0_fluffy:20170502010634j:image

 

私の出身大学でもある。

 

大学に入る前のイメージからも、入学後に知った青学生のリアルな実態からも、私はそう確信している。

 

合コンによく行く友達は、「青学っていうだけで口説かれるw」とか言っていた...。私は、あまり行かなかったから実際のところはよく分からないけど。

自分の経験としては、当時流行ってたSNSで大学名を公開してやっていたら、「青学に通ってるんですね!気になってメッセージ送っちゃいました⭐︎」みたいな文章が送られて来たことは結構よくあった。

 

世間からみた青学 

おそらく、世間のイメージも同じなのではないか。

雑誌やネットなどでたまに話題になる「彼女にしたい大学ランキング」青学は必ず上位にランクインしているかトップに君臨しているから。

 

青学生ってこんな感じ

とにかく華やか

東京の表参道駅から徒歩5分の好立地のところにメインのキャンパスを構える青学。 

 

そんな青学のキャンパス内はいつも華やかだ。

 

授業が1限からの日でも、ばっちりメイクで髪を巻いてくる子が多かった。

もしくは、1限と2限の間をメイクの仕上げタイムとしている子なんかもいたりした。(青学はミッション系の大学だから1限と2限の間にキャンパス内の教会で毎日30分間の礼拝をやっている関係で、この休み時間は通常の休み時間より長くなっている。この時間を有効活用しているということ。)

 

可愛い子が多い 

読者モデルが多く在籍している大学としても有名である。(人数は少ないが、有名芸能人もたまにキャンパスを普通に歩いていたり学食にいたりもする。有名になる前の某歌手がミスコン候補者になっていたこともあった。)

 

私の他大の友人が青学のキャンパスに普通に忍び込んだ時に「可愛い子、多すぎじゃね!!?」と驚いていた。

 

なぜモテる?やっぱ可愛い子が多いから?それだけ??

見た目が可愛い子は、他の大学にもたくさんいるだろう。

例えば、青学と同じキャンパス内には青山学院女子短期大学【通称:青短(あおたん)】が併設されているが、青短に通う女の子のほうが可愛いイメージだ。

 

一部の青学の男子学生は、毎年のように青短の入学式をチェックしに行ってる。(同じキャンパス内とはいっても、サークルも基本的には別々に存在するから、普段、青学の学生が青短の学生と交流する機会はほぼない。近いようで遠い存在。)

 

でも、世間的にモテるイメージがあるのは、やっぱり青学の女の子のほう。もちろん知名度の差による影響がほとんどだが、青学は共学だからということもあって、女子大よりも男の子慣れしている子が多いからだろう。モテる子は男の子の近くにいる。

 

あと、帰国子女や海外留学経験者が異常に多いのも青学の特徴。海外での経験が影響してか、モテるために積極的に行動する子が多い

そんな子たちに周りも影響されていく。青学の女の子はモテるためにはどこまでも貪欲。それが、行動につながっている。そういう子が多い

 

青学には2つのタイプの学生がいる

私のように、大学内にとどまり学内のサークルなどで青学ライフを楽しむタイプ大学の外の世界にどんどん飛び出していくことで学内では味わえない楽しさを享受するタイプ(インカレサークルや合コン等で大学名を全面的にアピールして他大生と交流するタイプのことである)。

 

今の青学に対する世間のイメージがあるのは、後者の方々の影響が大きい。良くも悪くも。

そのくらい、他大生などの外の人と交流する青学生は結構多い

学外の人と接点があればあるほど、世間に青学のイメージを伝える機会が増える。

 

もちろん、良いイメージだけではない

チャラそう

青学生なら必ず言われたことがあるだろう「チャラそう」という言葉

これは、男女問わず言われる。よっぽど大人しそうで真面目な人じゃないかぎり青学生ほぼ全員が言われ続けている言葉。そして、世間のイメージでもある。私も実際、大学名を出すだけで今まで数えきれない回数、こう言われてきた。

 

でも、チャラいという言葉は捉え方によっては褒め言葉でもあるモテることに関してなんらかの行動をする努力をしているからこそ言われる言葉だ

 

アンチ青学の存在

青学生のことが基本的に好きではない人もいる。

(というか、ある特定の大学を批判してくるような人は一定の割合で必ずいる。有名大学ほど、その人数が多くなる。)

 

そういう人は、青学生は頭が悪いwwwとか遊ぶことしか考えてなさそうwwwとかいろいろ言って青学を叩いてくる。

 

確かに、一部の真面目な学生を除いて、多くの青学生は勤勉ではない。これは確かだ。入学式のときに「本学の学生は、大学の勉強にまるで力を注がない。その傾向は学年が上になるつれ顕著だ」と教授が新入生に苦言を呈していたぐらいだから、よっぽどだ。

 

そこについては、青学生の実態を知っている私には否定はできない。

 

でも、行動力はあるモテることに関しての

読者モデルをやって自分の強みをアピールしたり、他大生と交流して大学時代から学内以外にも人間関係を広げることができるのも、行動力があるからできること。

 

もちろん、人に迷惑をかける行為やごく一部の学生の行動によって青学全体に悪いイメージを与えるようなことになってしまうのはあってはならないことだけど

 

モテるイメージを作り上げた青学生に感謝

2017年、箱根駅伝で優勝することで、年初めに青学という大学名をいろいろなメディアに溢れさせた青学陸上部の功績ほどではないが、学外の世界で大学名を使って行動する青学の女の子たちは、世間に青学という名前を広めていくことに多少は貢献しているような気がする。

 

そんな青学の女の子たちの行動力は素晴らしい、と私は思う。

青学生にモテるイメージがあるのは、そんな彼女たちの行動する努力があってこそだ