読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みさもふブログ

自分の「好き」に特化した雑記ブログ

私は一体いつまで自分のことを下の名前で呼ぶのか?について考えてみた

一人称は「下の名前」

 

私は、普段は自分のことを下の名前で呼んでいる。でもそれは両親の前だけだ

 

両親以外の他の人の前ではいままで一度も下の名前で呼んだことはない。

ずっと「私」を使ってきた。

 

  

もし、何で使い分けているのか?と聞かれても、理由が全く思い出せないから答えられないな。

 

小学生くらいの頃からずっと、外では「私」家では「下の名前」だった。

 

 

彼氏の前だけ呼び方を変える子とかもいるけれど、私は特段変えたりしなかった。

 

この一人称の切り替えはとても正確

家で「下の名前」で自分のことを呼ぶのに慣れているとついうっかり外でも「下の名前」がでてきそうだけど、それはなかった。

 

小学生あるあるだけど、学校の先生のことを「お母さん」と呼んでしまうというなんともほっこりしてしまうかわいい呼び間違いみたいに、この一人称の呼び方を間違えることは私はなかった。

 

人間誰しも、何かひとつくらい優れた能力を持っているもの。

 

私はどうやら、こういうところだけ謎の正確さを発揮する能力が秀でているようだ。

 

家の世界と外の世界

人前では、親のことを指す時「父」「母」と呼ぶのが社会人としての常識であると言われている。

 

人前で、常識的な呼び方をすれば、家の中でどんな呼び方をしてても社会人のマナー的には問題ないということでもある。家の中ぐらい好きに呼んだら良いと思う。

 

この作法を一人称にも当てはめれば、私は常識があるということになるのだろうか?(多分、この一点においてだけ…。)

 

でも、私は別にそう思われたいから家と外で呼び方を変えているのではない。

いつも間にかこうなっていただけ。

 

年齢と一人称 

たまに、人前でも自分のことを名前で呼んでいる子に対して、いい歳して名前で呼ぶなと叩く人がいる。

そこに関しては、そもそも個人の自由だし、ここでは否定も肯定もする気もない。

 

というか、今回の記事はあくまでも「自己紹介」のカテゴリーに分類している。

自分のことをメインに据えて書き記すべきなので、そこに触れるつもりはない。

 

でも、「年齢と一人称」という論点だけ切り離して、自分の場合に当てはめて考えていくこととしてみる。

 

いつまでも変わらないもの

もし、自分が年齢を理由に家での呼び方も「私」とかに統一したいと思うタイプの人だったなら、もっと早い段階の10代とかに変えていたはず。

 

その段階で変えてこなかったのは、別に気にしなかったから。

 

年齢で変えるには、もう適正な時期を逃した。

 

それに、20数年使ってきたから意識して呼び方を変えようとしても、もう無理。

 

あと私の場合、年齢というものを変更理由とするならば、自分の年齢そのものではなく、親と自分の年齢差で考えるべきだ。私は、親の前でしか使わないから。年齢差というより関係性に近いのかもしれない。

 

親との年齢差なんて、人生の同じ時間を過ごしている限りにおいては一生変わることはない。関係性も。

 

それが変わらないのと同様に、私は今後もきっと、自分のことを下の名前で呼ぶこのスタイルを変えることもないだろう。

 

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

英語圏で、主語を一人称"I"ではなく自分のファーストネームにした英文を発してしまうと、まるで自分のことを他人のように呼んでいると受け取られるらしい。(映画から得た知識)

これはこれで、なんかおもしろい(笑)