ミーハーと英語

ミーハーな英語学習者が、自分の「好き」を発信しているブログです。

YouTubeでの再生数20億回超えの洋楽MV【2017年8月更新】

こんにちは、みさもふです。

 

今回は、YouTubeにある洋楽MVの中で再生回数が20億以上の人気の楽曲についてまとめてみました ミュージック・ビデオ

 

【最終更新日:2017年8月21日】

 

一番再生数が多い曲はなんと33億

Luis Fonsi - Despacito ft. Daddy Yankee

33億再生 

 

30億超えは2曲のみ!もう一つの曲はこちら! 

Wiz Khalifa "See You Again ft.Charlie Puth"

30億再生

 

25億超え〜30億未満

 PSY "GANGNAM STYLE"

29億再生

 

Justin Bieber -Sorry

27億7千万回再生


Mark Ronson - Uptown Funk ft. Bruno Mars

26億2千万回再生


20億超え〜25億未満の曲 

Taylor Swift - Shake It Off

23億2千万再生


 

Enrique Iglesias - Bailando (Español) ft. Descemer Bueno, Gente De Zona

23億1千万再生


 

 Maroon 5 - Sugar

22億5千万再生


Katy Perry - Roar (Official)

22億2千万再生


 

“Lean On” — Major Lazer and DJ Snake ft. MØ

21億5千万回

www.youtube.com

 

Taylor Swift - Blank Space 

21億3千万再生

www.youtube.com

 

 

“Shape of You”— Ed Sheeran

21億4千万再生 

 

20億超え〜21億未満の曲

“All About That Bass” — Meghan Trainor

20億8千万回

 

“Dark Horse” — Katy Perry ft. Juicy J

20億7千万再生

 

“Hello” — Adele

20億3千万再生

 

20億超えの曲は以上となっています。

また今後増えたら追加していきますね!

 

 

個人的には Shake It Off が好き!

個人的には、Taylor SwiftのShake It Offが好きです。

 

Shake It Offという曲名は日本語で「気にしてなんかいられない」とか「気にしない」と訳されてます。

これは、落ち込んでいる人に「気にしないで」と励ますときにつかう日常会話フレーズでもあるんです。

 

この曲は、Taylor Swiftがアンチやメディアから批判を受けていたことに対して自身の気持ちを表した曲

 

Shakeの意味は一般的には「振る」の意味であるが「踊る」という意味もある。

だから、MVの中でTaylor Swiftは体を揺らして踊っています。

 

サビのところで「私はただ踊り(Shake)続ける、私は気にしない(Shake it off)」というような歌詞が出てきます。

 

これは、Shakeの二つの意味を上手くかけています。

 

Shake it offは「気にしない」と訳されるフレーズですが、元々は「(批判とかは)振り払う」というニュアンス。振り払うから気にしないよ、ということ。

 

この曲名のShake It Offには「批判なんて振り払ってしまうからいくらでも勝手に批判すればいいじゃない。私は気にしない。」というTaylor Swiftの強い意志が込められているんです。

 

私は、この曲のとても力強く前向きな歌詞が好きでこの動画は何度も再生しています。 

 

あと、なぜか英語の歌詞なのになぜか日本語が聞こえるんです…! 

 

それを知ったのはYouTubeのコメント欄。

YouTubeにおける洋楽MVのコメント欄は当然のように英語のコメントがほとんど。

 

大量の英語のコメントの中に、たまに日本語のコメントを見かけると嬉しくなるのは「YouTube洋楽MVコメント欄あるある」。

 

日本語のコメントはないかなと探していたとき、なんか変なコメントを見つけてしまった。

 

それが、「ケツからポスターって聞こえる というコメント。

 

 

…...最初は全く意味が分からなかった。

 

他にも探してみると、同じような内容のコメントをしている人がいた。

 

やはり、ケツからポスターと聞こえるらしい。

 

コメントによると、どうやらサビに入る前のところの歌詞でこの日本語が聞こえてくるようだ。

 

実際に確認してみると確かにそう聞こえた。

 

一回そう聞こえてしまうと、もはやそういう日本語にしか聞こえなくなってしまった…。

これは「空耳」というやつだろうか。 

 

良い曲だなと思っていたものが、急に面白い曲になってしまったな…。

面白くて結局何度も聞いて確認してしまった。

  

▶︎動画視聴はこちら 

(30秒あたりと1分30秒あたり) 

 

 

 

 

▼この記事が好きなら、こんな記事も好きかも。

www.misafluffy.com

 

www.misafluffy.com