みさもふブログ

ミーハーな私が、流行ってるモノや気になるモノ、自分の「好き」を発信しているブログです。

美容師YouTuberおのだまーしーに学ぶ!黒染めの危険性

 

 

 一度黒染めをした髪は普通にカラーできない。何年経っても

 f:id:Misa_0x0_fluffy:20170228202804j:image

 (YouTube動画:なつましhouse「黒染めの危険性を話す!黒髪もどしは危険!【カラーリング】」)

 

黒染めと就活

就活生時代、私が就活を始めるにあたって一番最初にやったこと。

それは、髪を真っ黒に染めること。

 

就活生といえば黒髪

黒髪にすれば就活のやる気スイッチが自然と入ると思ったからだ。

  

 

そして内定ゲット後、速攻で明るく戻そうとカラーしたけど結果は「……。」だった。

その理由は、次に続く本文は読めばお分かりいただけるだろう…。

 

 

(美容師の方が、黒染めの危険性について美容師の視点から注意をよびかけている動画をYouTubeにあげていたので、今回はその内容をシェアさせていただきます。 )

 

 

美容師にとって黒染めしているお客は怖い!?黒染めの危険性まとめ 

黒染めは何が怖いか

黒染めをした部分は普通のカラー剤では明るくできなくなって、ブリーチをしないといけなくなる。

 

黒染めというのは、カラー剤の中でもやっかいなダークサイドなやつ。

 

そしてさらにやっかいなのが、もう明るくしないつもりで黒染めした人が、しばらくしてやっぱり気分が変わってまた明るくしたくなって美容室にカウンセリングに来るというパターン。

 

その時、美容師とお客との間でこんな認識の違いが起こる。

 

(美容師が、黒染めした髪は色が入らない旨を伝えると)

お客「黒染めしてから1年以上経っているんで、もう色は抜けているし大丈夫だと思います。」

 

美容師「いやいやいやww」(←心の声)

 

黒染めは何年経っても色が抜けることはない。

 

時間が経てば大丈夫だと思ってた。

黒染め後3年とか経っても、新たに伸びた部分の髪は当然染まるけど、過去に黒染めした部分だけはどうしても染まらない。

 

普通のカラー剤ではもうだめ。

 

ブリーチ剤でないと無理。

 

ブリーチすればいいんでしょ?

ブリーチで明るくはなるけど……

□とてつもなく傷む

傷むことは覚悟しないといけない。 

 

□色が上手く入らない

オレンジ(赤+黄色)っぽくなってちょっとイメージしてた色とは違くなってしまう。

 

□すぐに色落ちする

2週間くらいで色が落ちてしまうから、短期間のうちにまた染め直さないといけない。

 

黒染めしたことを必ず美容師に伝えることが大切

何年も前に黒染めした髪でも分かる美容師はいるらしいけど、カウンセリングの時に本人から伝えてもらうのが一番。

 

昔の記憶って本人も曖昧な場合があるから、たまに、「黒染めしてません」って言われたから普通にカラー剤で染めたら、実は黒染めしててその部分だけ染まらなくてクッキリと色が分かれてしまったということも起こる。

 

普通にカラーができるのは新しい髪のみ。髪が生えかわるまでは我慢するしかない。

 

美容師からのお願い

安易に黒染めはやらないように。

友達とかにも、黒染めって実はやばいということを教えてください。

 

経験者は語る

私は就活を終えたあと、黒染めした髪をまた明るくしようと思ってわりと短期間に何回も頻繁にカラーをして色を入れたけど、当然とてもとてもとても髪が傷んだ。

内定と引きかえに失ったものも大きかった。

黒染めするんだったら、当面の間ずっと黒髪のままでいる覚悟が必要。

 

 

最後にYouTube動画の紹介。こちらです。


黒染めの危険性を話す!黒髪もどしは危険!【カラーリング】