みさもふブログ

ミーハーな私が、流行ってるモノや気になるモノ、自分の「好き」を発信しているブログです。

YouTubeの「視聴者」である私が、 Viewer と Listener の違いを説明するとこうなる

キクタンという英単語帳をみていたときのこと。

 

Viewerという英単語の訳語が気になったことがあった。

 

キクタンのViewerの訳語は「テレビの視聴者」となっていた。

 

さらに、関連ワードとしてlistenerも掲載されており、これの訳語は「ラジオの聴取者」となっていた。

 

何かが足りない、とYouTubeが好きな私は思ってしまった。

 

そう、YouTubeの視聴者という意味が紹介されていないのだ。

 

YouTube大好きな私からしたら、ViewerとListenerの説明はこうだ。 

 

・Viewerとは?

「英語圏におけるYouTubeの視聴者」のこと 

 

・Listenerとは?

「日本におけるYouTubeの視聴者」のこと

※日本では「視聴者さん」の言い換え表現として、一部では「リスナーさん」という呼び方が使われている。

 

 

今はテレビでもラジオでもなく、動画の時代なのである。

 

なぜ、YouTubeをはじめとした「動画の視聴者」という意味をViewerの訳語としてのせないのだろうか。

 

その理由は、ただ一つ。

 

試験にでないからである。

 

この単語帳が時代錯誤というわけではなく、一般的な英語の試験にはYouTubeの視聴者という意味では出題されない

ちゃんとした単語帳にはスラングは一切載っていないのが普通だ。

スラング同様これはいわば試験では使われない日本語訳なのである。だから、キクタンには載っていない。

 

 

ちなみに、視聴者という意味でリスナーという言葉が使われているのを聞くといつも思うことがある。

 

なぜ一部のYouTuber等の動画配信者は視聴者のことをlistener(リスナー)さんと呼ぶのか?

 

動画だから、聞く(Listen)以外にも見る要素もあると思うのだが…。 

 

これはYouTubeJapan における最大の謎だ。